1. HOME
  2. 保険給付ガイド
  3. 医療に対する給付
 

医療に対する給付

健康保険を使って治療を受けることができます

組合員の方が業務外の事由による病気やケガをした時、医療機関に健康保険証を提示し、窓口負担額(一部負担金)を支払うことで治療を受けられます。

対象者

被保険者・被扶養者自己負担額

対象者 自己負担額
70歳~74歳

1割(2014年3月までに70歳に達している方 

※誕生日が1944年4月1日以前の方)

2割(2014年4月以降に70歳になる方 

※誕生日が1944年4月2日以降の方)

3割(現役並み所得者、下記所得による区参照)
小学校入学後~69歳 3割
0歳~小学校入学前 2割

所得による区分

70歳~74歳

対象者 基準
現役並み所得者 夫婦2人世帯 520万円以上(年収ベース)
単身世帯 383万円以上(年収ベース)
一般所得者 上記収入以外の方

こんな時は、「健康保険」は使用できません

下記に該当する場合には健康保険は使用できません。ご注意ください。

  • 業務上・通勤途上の病気やケガ
  • 単なる疲労や倦怠
  • 二重まぶた等の美容目的の手術
  • 歯科矯正
  • 健康診断・人間ドック
  • 予防接種
  • 正常な妊娠・分娩(異常出産を除く)
  • 経済的な理由による人工妊娠中絶手術(母体保護法に基づく場合を除く)
  • 差額ベッド代、文書料・保険で認められていない特殊手術等
     

「医療費のお知らせ」と領収書をチェックしよう!

受診した覚えのない病院名が記載されていたり、あなたの負担額(10円単位の差異は除く)や受診日数などに相違がある場合は、トヨタ健保にご連絡ください。

領収書は医療費控除に必要です。”1年間保管を!”

※再発行していただけない医療機関もあります。
自己負担額10万円を超える治療費になった場合、税務署にて医療費控除(確定申告)を受けることができます。医療費控除には、領収書が必要です。大切に保管しましょう。
医療費控除(確定申告)について

具体的な医療に対する給付項目

高額な医療費がかかった場合

高額な医療費がかかった場合

みなさんの負担を軽減するため基準額を超えた金額を還付する制度があります。

高額医療の貸付制度

貸付制度

高額医療費について、支給日前に無利子で貸付を行うことができます。

窓口負担軽減制度

窓口負担軽減制度

窓口負担額が自己負担限度額までに軽減される制度についてです。

高額医療・高額介護合算に対する給付

高額医療・高額介護合算に対する給付

健康保険では医療費自己負担限度額を設けてそれ以上の分を給付する「高額療養費制度」があります。

交通事故や他人の行為によってけがをした時

交通事故や他人の行為によってけがをした時

当面の必要な治療費をトヨタ健保が一時立替え、健康保険で治療を受けることができます。

療養病床に入院した時

療養病床に入院した時

70歳以上の方が療養病床に入院した場合、低所得者には所得に応じて負担軽減措置があります。

70歳になった時

70歳になった時

70歳以上の人は、被保険者・被扶養者とも医療費負担割合が2割となります。