1. HOME
  2. 保険給付ガイド
  3. 給付豆知識
  4. 災害時に医療費(窓口負担)が減額
 

災害時に医療費(窓口負担)が減額

災害により、生活が困難となった場合の措置です。

2009年1月より震災・風水害等の災害により、生活が困難となった場合、医療機関窓口での一部負担金の支払を減額することができるようになりました。

災害により、生活が困難となった場合の措置です。

減額対象者

り災証明書(市区町村・消防署等)が発行された被保険者、被扶養者

災害の種類

災害の種類 損害程度
地震等 地震・津波・噴火 全焼・全壊・半焼・半壊・一部焼・一部壊
風水害

突風・旋風・暴風雨・豪雨・降雪

降雹・台風・洪水・高波・高潮

全壊・全流出・半壊・半流出・一部壊

一部流出・床上浸水・床下浸水

※単独の火災は除きます

減額内容

医療機関窓口で一部負担する費用から7割減額 自費分を除きます。
各市町村にて子ども受給者証等をお持ちで窓口負担のない方は申請対象外。

標準的な医療機関での窓口負担30%が約10%負担に
(2008年11月組合会にて承認)

例:具体的には・・・
 30%負担(標準)  ×70%減額 (30%負担) → 9%負担
 20%負担(未就学児)×70%減額 (30%負担) → 6%負担

手続き

下記書類をトヨタ健保へ提出

  • 健康保険一部負担金等減額申請書
  • り災証明書(原本証明済みであれば写しでも可)
  • 居住地が判断できるもの(運転免許証など)
    ※り災証明書発行が被保険者と異なる場合のみ必要

申請期限

り災発生月より6ヶ月以内

使用方法

医療機関に受診する際、「健康保険証」+「減額証明書」を提出

問い合わせ先|医療保険室 レセプトグループ
■ 外線:0565-28-0153
■ 社内線:811-6-0561
お問い合わせフォーム(※お急ぎの場合は、直接お電話をお掛け下さい)