1. HOME
  2. 保険給付ガイド
  3. 給付豆知識
  4. ジェネリック医薬品
 

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品を使用しましょう

ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れた後に、新薬と同じ成分・効能で安く販売されるお薬です。薬事法にもとづく厳しい基準をクリアしており、錠剤を小さくする、苦みを少なくするなど飲みやすいように工夫がされています。有効成分・添加剤・製造方法が新薬と同じであるオーソライズドジェネリックもあります。

ジェネリック医薬品
 

ジェネリック医薬品には「お試し調剤」制度があります。

いきなりジェネリック医薬品に変更するのは不安があるという人は、「お試し調剤」を利用しましょう。
お試し調剤とは、1回に処方された薬を2回に分けて受け取ることができる制度で、短期間ジェネリック医薬品を調剤してもらい、体調の変化や副作用がなかった場合には、2回目もジェネリック医薬品を続けます。何か不都合な点があれば、2回目を先発医薬品(新薬)に戻すことができます。

※ジェネリック医薬品に変更可能な処方箋において、先発医薬品(新薬)を初めてジェネリック医薬品へ変更して調剤する場合に利用できます。
※お試し調剤を利用した場合は、調剤薬局に「後発医薬品分割調剤料」を支払うことになっています。詳しくは調剤薬局にご確認ください。

現在服用している医薬品をジェネリック医薬品に切り替えた場合の差額が確認できます。

1.トヨタ健保が発行している「健保からのお知らせ」

偶数月発行分に掲載している「ジェネリック医薬品のお知らせ」をご覧ください。

ダミー画像

2.今すぐ差額が試算できます。

ジェネリック医薬品に切り替えるには?

まずは医師・薬剤師にご相談ください。
ジェネリック医薬品は医師の処方せんのもとで、調剤薬局で調剤される薬です。使用を希望するときは、ジェネリック医薬品 に変更しても良いかどうか、医師に相談しましょう。
言い出しにくい場合は、保険証、お薬手帳に貼る「ジェネリック医薬品希望シール」をお配りしますので、ご希望の方は下記問い合わせ先までご連絡ください。

ジェネリック医療品希望シール

ご注意ください
  • すべての新薬にジェネリック医薬品が発売されているとは限りません。
  • 薬局に在庫がない場合は、すぐにジェネリック医薬品に切り替えることができない場合があります。
  • ジェネリック医薬品に切り替えても、窓口での自己負担があまり変わらない場合もあります。
問い合わせ先|医療保険室 給付グループ
■ 外線:0565-28-0153
■ 社内線:811-6-0561
お問い合わせフォーム(※お急ぎの場合は、直接お電話をお掛け下さい)