1. HOME
  2. トヨタ健保のご案内
  3. 組合案内
  4. 理事長・常務理事メッセージ
 

理事長・常務理事メッセージ

理事長 福井猛

理事長

組合員の皆さまにおかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。                  
さて、昨年は「平成」から「令和」へと新しい時代が始まり、また、消費税率に関しても10%への引き上げが実施されるなど変化の大きな年でございました。             健康保険組合を取り巻く環境にも、今後、更に大きな変化の波が押し寄せようとしています。              団塊の世代が75歳に突入を開始する「2022年危機」、団塊の世代全てが75歳に突入する「2025年問題」を間近に控え、全国の健康保険組合の財政状況も一層厳しさを増すことが想定されます。                        健康保険組合連合会の試算では、2025年には6割以上の健康保険組合で、高齢者への納付金が義務的経費の50%以上を占め、保険料率も10%を超えると見込まれております。      このような厳しい環境の中、健康保険を将来にわたって持続可能な制度として維持し、組合員ならびにご家族の皆さまの健康づくりの支援を継続できるよう、トヨタ健保といたしましては給付と負担、世代間・世代内のアンバランスを是正するための「高齢者医療費の負担構造改革」、医療費を大切に使い、医療費の伸びを抑制するための「保険給付の適正化」を訴えて参りました。                        健康保険組合の負担が増加の一途をたどる中、国民皆保険制度を維持するためにも、トヨタ健保といたしましては、今後も健康保険組合連合会等の関係団体を通じて、構造改革の必要性について、継続して訴えて参ります。
また、トヨタ健保の基本理念である「応援します。健康いきいき組合員」を実現するため、保健事業を通じて、組合員の皆さまはもちろん、ご家族の皆さまも含めて健康増進をバックアップすることで、加入事業主の皆さまの健康づくり活動にも、より一層協力して参る所存です。              新元号、令和になり初めての新年となります。この機会にぜひ、ご家族で健康について一度話し合っていただき、健康の維持・向上に向けた活動に積極的にご協力いただきますよう、今後ともよろしくお願い申し上げます。

常務理事 笹山秀彦

常務理事

このたび、4月1日付けでトヨタ自動車健康保険組合の常務理事に就任いたしました笹山です。

昨今の健康保険組合を取り巻く環境は、年々厳しさを増しております。

トヨタ健保の最大の使命は、そういった厳しい環境の中においても、組合員とご家族の皆さまの健康づくりの下支えをすることであります。

そのために、健全な組合運営と効果的な保健事業の実施を目指し、会社・労働組合・健保と三位一体となって取り組んで参ります。

また、当健保ではファミリー健診や節目健診の他、るぷるポイント制度など、充実した保健事業を取り揃えております。

組合員の皆様にはこれらを積極的にご活用いただくことで、ご自身とご家族の健康についていま一度再考いただき、当健保の取り組みにご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。