1. HOME
  2. 各種健診
  3. 健診の目的
  4. メタボリックシンドロームとは
 

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドローム

「メタボリックシンドローム」とは、生活習慣病の手前の状態で、内臓脂肪型肥満で複数のリスクを持っている状態を指します。

メタボリックシンドロームによる心疾患を発症する危険性

心疾患の発症危険度

複数のリスクをあわせ持つことで、心疾患(心臓病など)を発症する危険度も大きくなります。

一方、メタボリックシンドロームを氷山に例えると、次のようになります。

氷山の例

「脂質異常」や「高血圧」「高血糖」などは別々に進行するのではなく、
『ひとつの氷山から水面上に出たいくつかの山』のような状態です。
投薬(例えば脂質を下げる薬)だけでは、水面に出た『氷山のひとつの山を削る』だけです。
根本的には、運動や食事などの生活習慣の改善により、『氷山全体を縮小する』こと、つまり内臓型肥満の解消が必要です。